• 木. 12月 8th, 2022

買取ファクタリングには借金扱いにならないといった複数のメリットが存在する

Byさかぐち としや

11月 30, 2022

ファクタリングとは簡単に言えば「将来受け取ることになっている売上金」を先に現金化するサービスです。

仕組みとしては信用取引による売上金なら請求書にあるそれを受け取る権利、「売掛債権」を買取に出すことで現金化を行います。

これは一般的に買取ファクタリングと呼ばれる方法です。

ファクタリングには様々な種類がありますが、その中でも買取ファクタリングはもっとも安定して現金化が可能な方法となっています。

特に中小企業や建設業に向いた方法となっているため、当てはまる経営者の方は一度調べてみるようにしましょう。

買取ファクタリングはファクタリングサービスの基本

ファクタリングと呼ばれる現金化サービスはいくつかの種類に分けることができます。

たとえば医療報酬を受け取る権利を現金化するものは「医療ファクタリング」、輸出取引の貿易リスクを回避するために保険的な意味合いで現金を先払いするものは「国際ファクタリング」と呼ばれています。

これらはそれぞれに特徴や効果は異なりますが、原則として各業種に特化したファクタリングであると言えます。

一方で「買取ファクタリング」は多種多様な業種に対応するファクタリングの基本となる現金化サービスです。

買取ファクタリングで現金化される売掛債権は、商品やサービスを販売した会社であればどこでも持っているものになります。

そのため実際に売上金が入ってくる数ヶ月後が待てない状況の時は買取ファクタリングを利用して売掛債権そのものを現金化することで、どんな会社であっても急場をしのぐことが可能です。

買取ファクタリングを利用するメリット

買取ファクタリングには、本来の売上金支払い日よりも先に現金調達ができる以外にも複数のメリットがあります。

一番わかりやすいメリットは、買取ファクタリングは借金扱いにならないという点です。

あくまで自分が持っている売掛債権という権利を買取に出して現金化をしているだけなので、状況としては借金ではなく中古店を使っているのと同じと考えることができます。

当然ながら買取ファクタリングが金融機関の与信に影響することもないので、他の現金調達方法と買取ファクタリングを併用することも比較的簡単です。

また買取ファクタリングでは利用者とファクタリング会社の2社間でのみ行うものと、実際に売上金を支払う取引先を加えた3社間で行うものとを選ぶことができます。

取引先にファクタリング利用を隠しておきたい場合には2社間を、逆に取引先の信用力まで加えて買取ファクタリングを有利に進めたい時は3社間を選ぶといったように使い分けることができるのは便利です。

数あるファクタリングサービスの中でも買取ファクタリングはもっともスタンダードな方法となっています。

信用取引を行なっている業種であれば大抵は売掛債権を使った買取ファクタリングが可能なので、現金調達の必要が生じた際は積極的に買取ファクタリングを試してみましょう。

買取ファクタリングは借金扱いにはならないため、手数料の計算さえ間違えなければ比較的安全に運転資金を回すことができるようになります。

また状況に応じて2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを使い分けられる点も、買取ファクタリングの優れた部分と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です