• 木. 12月 8th, 2022

ファクタリングは個人でも法人でも同じ?違うポイントが何かを解説!

Byさかぐち としや

11月 30, 2022

ファクタリングは中小企業の資金調達方法として中小企業庁も利用を推進しています。

企業の資金調達では役に立ったとしても、個人事業では厳しいのではないかと思っている人もいるでしょう。

しかし、個人事業でもファクタリングは利用できる時代になっています。

この記事では資金調達で苦労している個人事業の経営者のためにファクタリングの使いやすさを紹介します。

法人が利用するときとの違いも理解して上手に活用していきましょう。

個人事業でもファクタリングや使いやすい

ファクタリングは個人事業でも使いやすい性質がある資金調達方法です。

個人事業主が法人になるケースとして多いのは信用の問題があるからです。

銀行融資による資金調達をするときや、他企業との新規取引をするときなどには個人に比べると法人の方が信用される傾向があります。

しかし、ファクタリングの場合には取引をする事業主よりも、売掛債権のある取引先の事業主が支払えるかどうかが大きな問題です。
極端に言えばファクタリングをした事業主は大赤字でも、取引先が利益を出していて売掛金を支払えるならファクタリング会社は売掛債権を回収できるからです。

そのため、信用を得にくい個人事業でもファクタリングは利用しやすい資金調達方法になっています。

ファクタリングでの個人と法人との違い

ファクタリングの利用者が個人か法人かでまったく同じというわけではないので注意しましょう。

基本的には個人は法人に比べて不利な立場になる点は他の調達方法と同じです。

法人としか取引していないファクタリング会社もあるからです。

個人は法人に比べると信用が低くていつ倒産したり廃業したりするかわからないという不確定要素があります。

そのため、ファクタリング会社としてはリスクの低い法人との取引だけを選んでいる場合があります。

ただ、利用できるファクタリング会社の候補が少ないだけなので、個人事業ではファクタリングができないということはありません。
ファクタリングは個人事業でも資金調達に使いやすいことが理解できたでしょうか。

ファクタリングは売掛債権のある取引先の事業主が審査対象になるのが特徴だからです。

個人事業とは取引をせず、法人とだけ取引をするファクタリング会社もあります。

しかし、一般的に資金調達や取引契約などで不利になりがちな個人事業でも、売掛債権があればファクタリングで資金を調達可能です。

資金で困ったときには上手に活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です