• 木. 12月 8th, 2022

クラウドファクタリングとは?通常のサービスとの違いを詳しく紹介!

Byさかぐち としや

11月 30, 2022

クラウドファクタリングとは何かが気になっていませんか。

資金調達ではファクタリングが使いやすいという話を聞いて調べていたら、クラウドファクタリングについて知った人も多いでしょう。

クラウドファクタリングもファクタリングの一種ですが、通常のサービスとは何が違うのでしょうか。

この記事ではクラウドファクタリングの概要を紹介した上で、クラウドファクタリングを利用するメリット・デメリットを解説します。

クラウドファクタリングとは

クラウドファクタリングとはオンラインシステムを利用してファクタリングの契約ができるサービスです。

ファクタリング会社に相談してアカウント登録を済ませると、クラウドシステムにログインして手続きをするだけでファクタリングをおこなえる仕組みになっています。

売掛債権の根拠となる書類や通帳の情報などの必要書類の提出もすべてクラウドシステム上にアップロードするだけで良いのが特徴です。

クラウドファクタリングでは審査にAIを搭載しているサービスが増えていて、わずかな時間で審査を受けられる場合が大半を占めています。

契約もオンラインで済ませられる仕組みになっているので、速やかな資金調達ができるファクタリングサービスです。

クラウドファクタリングのメリット・デメリット

クラウドファクタリングは通常のファクタリングサービスと比較すると迅速で時間を問わずに申し込むことができ、買取手数料も低めなのがメリットです。

クラウドシステム上ですべての手続きが完結するので、手軽に売掛債権を使って資金調達をおこなえるのも魅力でしょう。

しかし、クラウドファクタリングは2社間ファクタリングを前提としていて、3社間ファクタリングには対応していないことが多いのがデメリットです。

また、ファクタリング会社の担当者に対面で対応してもらうこともできないため、初めて利用するときには不安になることもあります。

アカウントの開設に際して審査がある場合もあるので、あらかじめアカウントを作っておかないと即日での資金調達は難しいこともあります。

クラウドファクタリングはクラウドシステム上で取引ができるファクタリングサービスです。

アカウントがあればオンライン完結で簡単かつ迅速に資金調達ができる点で注目されています。

アカウントを先に作っておく必要があるなど、迅速なサービスのメリットを生かすには工夫が必要です。

しかし、手数料も安くていつでも使えるメリットがあるので、クラウドファクタリングを生かして資金効率を上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です