• 木. 12月 8th, 2022

なぜファクタリングをしても信用が傷つかないのか理由をくわしく解説

  • ホーム
  • なぜファクタリングをしても信用が傷つかないのか理由をくわしく解説

ファクタリングは、 信用問題を一切気にする必要がない資金調達の方法です。

本来信金調達が目的で融資などを受ける時は、信用問題を気にしないわけにはいきません。

なぜなら融資を受けた後指定された期日までに返済できなければ、信用問題に発展してしまうからです。

返済できなければ返済能力がないと見なされ、信用に傷がつきます。

そのため融資を受けることを躊躇する人は少なくないでしょう。

なぜファクタリングが信用問題を気にしなくて良いのかを解説します。

与信取引ではないから

そもそもファクタリングは、融資を受けたり商品代金を立て替えたりなどの与信取引ではありません。

ファクタリングは売掛債権を売却する取引なので、与信取引とはいえないです。

与信取引ではないため、信用について確認する必要性がありません。

そのため信用問題を一切気にする必要がないのです。

ファクタリングが信用問題に発展することはないです。

そこがファクタリングの特徴です。

ファクタリングは利用者ではなく売掛先が審査の対象

利用者も多少は審査されますが、ファクタリングの場合メインの審査対象は売掛先です。

なぜなら売掛債権を売却する取引なので、売掛先の経営状況が最も重要だからです。

売掛先は審査されるので信用を問われますが、売却元の利用者の信用はあまり問われません。

仮に利用者が赤字続きだったり負債を抱えていたとしても、ファクタリングの場合は問題なく利用できることが多いです。

ファクタリングの利用は信用情報に記録されず

信用情報は金融機関などから融資を受ける時に審査で照会されるため、何か記録されると信用問題に関わります。

だからこそ融資を受ける前は慎重になりますが、ファクタリングの場合はその心配がありません。

なぜならたとえファクタリングを利用しても、信用情報には何も記録されないからです。

融資を受ければ借入の情報が記録されますが、ファクタリングは特に記録されません。

記録されないので安心して利用できます。

資金調達する人は知っておきたい、ファクタリングと信用問題について解説しました。

「ファクタリングしたら信用に傷がついてしまうのでは」と勘違いしている人がいるかもしれませんが、基本的にはファクタリングをしても信用に傷はつきません。

そもそも与信取引ではありませんし、審査の対象となるのは利用者ではなく売掛先です。

利用しても信用情報に記録されないので、信用問題を恐れることなく安心して利用できます。

ファクタリングによる資金調達とは?融資との違いをわかりやすく解説!

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで成立する資金調達方法です。

商品の販売や業務の受注をした直後には手に入れられないことが多い現金を早期に手に入れられる魅力があります。

融資と違って自社の返済能力が問われることがなく、売掛先の企業に支払い能力があればファクタリングができます。

融資を断られた人必見!ファクタリングで現金を手に入れるチャンスをつかもう!

ファクタリングは資金調達の方法として話題になっていますが、どのような仕組みなのか、自社でも使えるのかがわからずに二の足を踏んでいる場合もあるでしょう。

この記事ではファクタリングによる資金調達とはどのようなものなのかをわかりやすく解説します。

融資を断られたケースでも、必要条件さえ満たせればファクタリングで資金を手に入れることが可能です。

なぜなのかもわかるように解説するので参考にしてください。

ファクタリングによる資金調達の仕組み

ファクタリングとは売掛債権の売却による資金調達です。

取引先に対して商品の販売をしたときや、業務を受注したときにはすぐに現金が支払われるわけではないでしょう。

支払いサイトが設けられていたり、納品後の支払いになっていたりするのが一般的です。

しかし、実際には現金が不足してしまって事業を続けるのが難しくなったり、受注した業務を進めるのが困難になったりすることがよくあります。

このような際に契約書や請求書などを証憑として、売掛債権を買い取ってもらえるのがファクタリングです。

ファクタリングでは売掛債権の存在を示せる証憑があれば短期間での現金の調達ができます。

融資を断られてもファクタリングができる理由

ファクタリングは銀行などの金融機関に相談して融資を断られてしまった場合でも資金調達が可能です。

融資ができないケースでもファクタリングができるのは、融資と審査基準が異なるからです。

融資ではお金を借りる企業が返済能力を持っていなければなりません。

金融機関としてはお金を貸して返済されなかったら大損になるからです。

しかし、ファクタリングでは売掛債権を買い取ってもらう仕組みで、売掛先の企業が確実に支払いをしてくれるなら問題はありません。

ファクタリングの取引が成立した時点で、ファクタリング会社にとって重要なのは売掛先の支払い能力になるため、売掛先の業績が良ければ融資を断られたケースでもファクタリングができます。

ファクタリングによる資金調達は売掛債権を買い取ってもらうのが特徴です。

商品販売や業務委託などによって手に入れた売掛債権に基づいて手に入れる予定の売掛金をファクタリング会社に渡すのと引き換えに、すぐに現金を手に入れられる仕組みになっています。

ファクタリングなら返済能力を求められることがありません。

融資を断られたケースでも資金調達ができるのがメリットなので、現金を確保する方法として活用してみましょう。