• 木. 2月 2nd, 2023

資産の処分であるファクタリングは借金をせずに現金を早く手に入れる方法

Byさかぐち としや

12月 14, 2022

ファクタリングは、売掛債権の売却で資金調達をする方法です。

売掛債権は、まだ現金化されていないとはいえ、もちろん自社の資産の一部です。

資産の売却に過ぎないため、銀行融資のような厳格な審査はなく、売掛債権に信頼性があればすぐ現金にすることができます。

ファクタリングは、企業が資金繰りの手段として活用するイメージがあります。

しかし、企業にとどまらず、個人事業主やフリーランスでも利用することができます。

ファクタリングを利用する際のポイントをつかんでおけば、スムーズな入金が可能になるため、資金繰りに困った時などに活用できます。

入金スピードが早いファクタリングのメリット

事業資金に頭を悩ませるのは、企業だけとは限りません。

個人事業主もまた、自力で事業を営んでいるため、時に金銭面で壁にぶつかることがあります。

個人事業主でも、売掛債権を持っている形態であれば、緊急の資金作りとして、ファクタリングの利用は検討できます。

ファクタリング業者に申し込んで承認されれば、速やかに買取が行われます。

早く現金が手元に欲しいというニーズに応えてくれるサービスです。

また最近では、対面の必要がなく、インターネットで全て完結する「クラウドファクタリング」という方法もあります。

そのため、申し込みを開始してから入金までのスピードが、さらに速くなる傾向にあります。

審査が緩やかで個人事業主でも利用しやすい

事業を営む際に、銀行融資や日本政策金融公庫など、代表的な資金調達の方法があります。

これらの方法では、お金を貸す側は、借りる側の返済能力があるかどうかをしっかりチェックします。

個人事業主やフリーランスの場合は、お金を借りる際に、自分の信用度がどの程度評価されるか不安になることもあるでしょう。

例えば、ビジネスローンを利用する場合は、銀行融資や公的融資と比較して、審査は緩めです。

但しビジネスローンは融資よりも金利が高くなるため、負担が大きくなります。

一方ファクタリングの場合は、融資や借金ではなく、資産の処分に該当します。

ファクタリング会社が重視するのは、借りる人の信用度よりも、売掛債権自体の信用度です。

そのため、個人事業主であっても審査に通りやすいメリットがあります。

個人事業主でも利用可能なファクタリング会社

ファクタリングを利用する場合は、適切なファクタリング会社を探す必要があります。

その際の注意点としては、ファクタリング会社によっては、個人事業主を対象から外している場合があることです。

そのため、個人事業主やフリーランスでも利用できるファクタリング会社を選ぶことが重要です。

また、ファクタリング会社は買い取った売掛債権が現金化できなければ、もちろん損をします。

そのため、売掛債権が本当に信頼できるものかどうかを重視します。

信頼性に疑問があると判断されれば、審査に通らない場合もあるため、売掛先の信用度が問われることに留意しておく必要があります。

ファクタリングは、すぐに現金化できるメリットがあり、資金繰りに困っている個人事業主にも頼りになる存在です。

但し、利用については手数料がかかってくるため、その分は収益から引かれることもしっかり理解しておきましょう。

また、残念ながら悪徳業者も存在するため、ファクタリング会社選びは慎重に行うことが大切です。

信頼性の高い業者に関しても、業者ごとにサービス内容に違いがあります。

特にすぐに現金が必要な場合は、各業者の入金スピードについても確認しておくことが重要です。

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です